校長室だより

校長室だより

  • 能勢町文化フェスティバル

    2018年11月3日(土) | 校長室だより

    能勢町文化フェスティバルに、軽音楽部の演奏や、書道部・華道部・美術・工芸の展示等で、参加しました。さらに今年は、オープニングでSGH活動の一環として取組んできたインドネシアの伝統音楽ガムランの演奏でも参加しました。日頃は聞くことの少ない音色に、場内の方々が聞き込んでおられました。

  • 大丸梅田店で販売実習

    2018年10月28日(日) | 校長室だより

    この2日間、大丸梅田店地下2階の生鮮食料品売り場で、農業系列選択生徒は、販売実習をさせて頂きました。全日までの販売物の準備に始まり、入店後も販売場所の展示や商品の陳列等、単に接客・販売するだけではなく、大きな流れを体験することができました。時節柄のハロウィーンにあわせた衣装に、大丸で開催中のウォーリー展に連動した1名のウォーリー設定と、趣向の込んだ準備もできました。また、売り場以外でも呼び込みの体験させていただきました。



    4年目の取組となった今年は、事前には大丸店内でポスターも掲示していただき、また天候にも恵まれたこともあり、充実した実習となりました。本当にありがとうございました。

  • ポテト作り

    2018年10月25日(木) | 校長室だより

    今日のわくわく保育では、2週間前に収穫したサツマイモを使って、スィートポテトの作成を行いました。高校生の指導の下、ペースト状にしたサツマイモを、食べやすい形に成型し、卵黄を塗ってオーブンに入れました。焼きあがった製品は、みんなで美味しく試食しました。

    回を重ねたことで、お互いに顔見知り感も強くなり、和気あいあいとした雰囲気の中での作業で、出来上がったポテトの美味しさも相まって、とても楽しい時間となりました。交流後も、なかなか分かれ辛くなってきました。

  • 中学3年生向けの体験授業

    2018年10月13日(土) | 校長室だより

    体験入学を行いました。学校の概要説明に続いて、英語プレゼンテーションの授業、その後、農場の見学と果樹の授業となりました。参加者は少なかったですが、みんな生き生きとした顔で受けてくれていました。

    同じ時間帯、高校1年生と中学校3年生による土曜講座で、よのなか科の授業を行いました。北陸大学教授の藤岡慎二先生に、「制服は必要か否か」をテーマに、充実した討論になるように指導していただきました。

  • 文化祭を開催しました。

    2018年10月2日(火) | 校長室だより

    台風24号の直撃で延期していた文化祭を、短時間の設定ではありますが、本日開催しました。
    開会式では、今年初めての取組みである、各企画紹介のビデオメッセージが流されました。初めてなので、単純な紹介が多い中、少し凝ったメッセージもありました。続いて、恒例の、応援する会会長西田さんによる「激励」のことばや、SGHの実態調査の紹介プレゼンテーションが続きました。

    最後に、ダンス部の演舞と軽音楽部の演奏で、開会式を締めくくりました。

    その後、クラスやクラブ等による企画展開になりました。日程変更のため、模擬店を一部縮小しての実施となり、賑わいも少し寂しくなってしましました。また外部からの来場者も少なく、小学生やお子さんをターゲットとした、ゲームコーナーやお化け屋敷の企画では、どこか手持無沙汰な面もでてしまいました。

    そうした残念な面もありますが、例年だと忙しすぎて他団体の企画をじっくり楽しむ余裕もなかったことに比すと、今年は校内で相互に楽しめる時間もできたようには思いました。

    開催までに、何かとご協力いただきました、地域等の関係団体の方々には、お礼申し上げます。ありがとうございました。生徒の皆さん、逆境にもめげず、よく頑張りました。

  • 草引き決行

    2018年9月26日(水) | 校長室だより

    小雨の中、グラウンドの草引きを決行しました。PTAの方々や1年生、有志の2・3年生と共に行い、少しはすっきりとした感じになりました。併せて、7月からの豪雨のたびにグラウンドの入り込んだ土砂も、少し撤去しました。なかなか水を含んで重たいものでした。

  • 河川美化活動に参加

    2018年9月23日(日) | 校長室だより

    能勢町漁業組合主催の河川美化活動に、本校生徒14名が参加しました。能勢ライオンズクラブや観光協会など、関係する様々な団体の方々と一緒に、分担された区域の河川の、プラスティックや金属など、自然に返らないゴミを回収しました。

    今年は、7月の豪雨や8月9月と相次いだ台風や大雨のため、河川の水位が上がったことがたびたびあり、堤防の上にまでゴミが散乱していました。回収したゴミも例年にない多さとなりました。

  • 親と子の食農体験学習

    2018年9月22日(土) | 校長室だより

    JA大阪北部様と共催で、親と子の食農体験学習を、本校農場で行いました。天気が心配されましたが、事前申し込みの20名の方にご参加いただきました。丸一日を農場で過ごして頂けるように、ハチミツしぼりの体験とブドウの収穫を、午前と午後に分けて、プログラムを展開しました。
    開会式から、生徒が司会し、それぞれの活動の概要も説明した後、参加した皆様に取り組んでいただきました。ブドウ収穫では、一人一房収穫していただき、味見をして頂いた後、それをパック詰めしました。

    ハチミツしぼりでは、巣箱を内見した後、蜜蓋を剥がし、遠心分離器にかけて蜂蜜を絞りだしました。その後瓶詰して作業は終了しました。勿論味見をしました。

    秋らしいさわやかな天気のもとで、楽しく体験していただけました。

  • 秋の交通安全運動

    2018年9月21日(金) | 校長室だより

    秋の交通安全運動に合せて、豊能警察署をはじめとした地域の方々と協力して、早朝街頭指導を行いました。生憎の雨模様の中、地域の多くの方に見守られながらの登校となりました。日頃は自転車で登校する生徒も、雨の為に、バスや自家用車を利用しての登校で、交通安全指導からすると、少し肩すかしに感じる部分もありました。

    日常が安全であり続けますように。

  • 能勢中学校2年生の体験

    2018年9月14日(金) | 校長室だより

    能勢中学校2年生の生徒の授業体験を行いました。2年生では、総合学科の特徴である系列の授業を体験してもらいました。最初に学校の概要を説明し、その説明の途中で、スムーススペースで豊中本校と繋ぎました。本校の映像が映った時には、大きく驚嘆の声があがりました。これを活用して学習することになりますが、そのイメージが少し伝わったように思います。

    その後、希望調査をとった系列毎に分かれての体験授業となりました。探究系列では、AETと共に英語自己紹介を、対人支援学習群では子ども文化として簡単なおもちゃ作りを、地域活性学習群ではイラストの作成を、食農流通学習群ではブドウの栽培管理を行いました。

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 56