校長室だより

校長室だより

  • 高校駅伝が開催されました

    2017年11月19日(日) | 校長室だより

    平成29年度近畿高等学校駅伝競走大会が、能勢町で開催されました。今年度も本校生徒は、沿道の自主整理員として活動することになりました。当初に心配されていた気温も比較的穏やかな状態で開始されましたが、選手が本校の前を通子する頃には、冬に特徴的なしぐれに30分程度見舞われました。その中で、声援と整理を全うすることができました。

    また、今年は本部になる淨るりシアターの前の広場に、能勢高校の農作物を即売するブースを設定していただき、大会の応援と共に、学校の活動を紹介することもできました。

  • 視野を広げる

    2017年11月14日(火) | 校長室だより

    能勢中学校の進路説明会に行ってきました。今回は、本校のSGHの取り組みに深く関わってくれている大阪大学4回生の高成さんにもご参加いただきました。高校への進学を5か月後に控えている中学生を前に、高成さんのこれまでの体験や中学校から高校にかけて大切にしてきたこと、大学で学ぶことの意味などについて話をしていただきました。中学生にとって、少し先輩の話は、教師が話すこと以上に身近なこととして受け取っていただけたようで、多くの質問も出て、有意義な時間となりました。少しでも視野を広げることができればと思っています。

    昨日には、関西福祉科学大学の一村先生にお越しいただき、高校1年生を対象に、社会福祉の視座から、コミュニケーションと利用者理解のタイトルでお話をしていただきました。また、特別養護老人ホームに勤務されている先生の教え子からは、日々の業務に詳細や看取ることの実際についてお話をいただきました。

  • PTAジャム作りと地域のイベント

    2017年11月11日(土) | 校長室だより

    PTA主催による秋の研修会が、本校の農場で、ブドウジャムづくりとして開催されました。農業科の担当教員から、作業の流れの説明を受けた後、3人一組になって、実際の作業を開始しました。

    キャンベルアーリーの果実3Kgを煮詰めて果汁をとり、キングデラの果実を加えて温め、そこに砂糖を足しつつ煮詰めることでジャムが出来上がっていきます。糖度計で65%を超えたことを確認した後、火を止めて完成です。最後に殺菌した瓶に詰めて、持ち帰りの品としました。

    また、少し取り置いた分を、役員さんが用意してくださったパンにつけて試食し、茶話会としても楽しみました。

    一方、地元の旧東郷小学校を会場として、東地域教育協議会主催の「親子ふれあい広場」が開催されました。そのオープニングには軽音楽部が、クロージングにはダンス部が、参加しました。

    10月から11月にかけて、このような地域のイベントに、たびたび参加させていただき、発表の場を与えて頂けたことは本当にありがたく思います。そうした期待にも応えられる部活動でありたいと思います。

  • 農場でバイオ体験

    2017年11月10日(金) | 校長室だより

    能勢小学校5年生が、農場での植物バイオテクノロジーの授業に参加しました。
    この授業を選択している3年生5名と挨拶した後、高校生の指導を受けつつ、クリーンベンチを使って、トキソウの無菌播種に挑戦しました。初めて使う器材に緊張しつつも、高校生の指導を受けて難なく作業をこなしていました。

    また、器材の関係で同時に作業ができないので、時間の合間を使って葉脈の標本作りも行いました。

    最後に、お互いに挨拶を交わしての2時間となりました。

    また秋が一層深まり、亀岡市にある湯の花温泉の旅館に、パンジーの花苗を出荷しました。

  • お別れと文化の日

    2017年11月2日(木) | 校長室だより

    短期留学生が本校で過ごす最終日となりました。昨日には生徒有志によって、お菓子作りを行い、一緒に食べることができました。

    本日は、日本語ボランティアの方々による送別会も開かれ、ボランティアの方の手作りによるパーティーとなりました。また、終礼ではクラスでのお別れの時間をもつことができました。学校からも修了証をお渡ししました。
    また、本日と明日、能勢文化フェスティバルが開催されています。本校からも、華道部・書道部・美術部が出品しています。

  • 菊の花と留学生のプレゼン

    2017年11月1日(水) | 校長室だより

    農業の草花を選択した生徒が、素晴らしい菊を育ててくれました。今日から玄関に展示されています。大輪の菊だけでなく、小菊の鉢も美しい仕上がりになっています。保護者懇談の期間中でもあり、来校してくださる方々の目を楽しませています。

    昨日と今日の2日間、短期留学で来校している2名の留学生が、能勢中学校1年生の前で、自己紹介のプレゼンテーションをしました。それぞれの国の紹介や学校の紹介、自分の夢や多言語を勉強する秘訣などを話してくれました。これからの勉強の何がしかの足しになればよいとの思いでの企画でしたが、中学校1年生も、しっかりと聞いてくれていました。

  • 農業の授業から

    2017年10月30日(月) | 校長室だより

    少し時間をかけて農業の授業を見学しました。
    栽培と加工の時間では、栗の甘露煮作りをテーマとして、鬼皮と渋皮を剥く作業でした。手で剥くことと機械の使用を比較して、効率と剥きすぎによる欠損との、バランスを求める活動となっていました。

    くらしと動物の授業では、ウサギの飼育管理でした。感情や苦痛を表現することの少ないウサギを、いかにして病気やストレスから守るのかがテーマでした。その特徴を理解しつつ、ウサギのグルーミングや小屋の清掃も行いました。

    グリーンライフの時間には、春に植えた古代米の稲刈りをしました。保存のための乾燥と栄養の固定化のために、しばらく天日干しができるよう稲架がけをしました。

    また、1年生は、外部から講師の方をお招きして、職業についての体験学習を行いました。

  • 様々な活動の一日

    2017年10月29日(日) | 校長室だより

    昨日と本日の2日間、農業系列選択生徒の2年生が、大丸梅田店で販売実習をさせていただいた。地下2階のエレベータ前のブースをお貸しいただき、販売物の配列からの実践となりました。銀寄栗や蜂蜜、黒米に加えてそのジャムやマドレーヌ等の加工品も販売しました。

    この実習も恒例となってきており、毎年お越しいただくお客様もおられました。本日は生憎の台風で少しお客さんが少なかったですが、販売場所以外でも呼び込み等もさせていただき、学ぶことの多い実習となりました。

    一方、靭公園を会場に行われたモンゴル祭りにも、1年生3名と留学生1名が、ボランティアで参加しました。こちらも雨の為、センターコート内の少し狭いスペースとなってしましましたが、モンゴルの産品の販売を担当させていただきました。併せて、昨年度のモンゴルへのSGH研修旅行の紹介もさせていただきました。

    また、今年度のSGH、マレーシアへの研修旅行も、本日出発しました。

  • 挨拶運動を行っています

    2017年10月27日(金) | 校長室だより

    2週間前に選出された後期生徒会の最初の取り組みで、挨拶運動を行ってくれています。中間考査後に継続して実施する予定でしたが、生憎の雨が続き、ようやく気持ちの良い青空の下で、挨拶の交流をすることができました。朝の一声から、活動的な一日を続けていきましょう。

  • 人権を考える取り組みから

    2017年10月26日(木) | 校長室だより

    昨日と今日の2日間で、全学年が人権をテーマとした映画を鑑賞しました。今年のタイトルは「あん」。河瀬直美監督の映画である。元ハンセン病患者である老女が尊厳を失わずに生きようとする姿をつむいだ人間ドラマと、紹介されている。2時間弱の映画だが、すっかり引き込まれた感があった。誤った知識や偏見が差別意識を助長し人権侵害に及んできたことを、この映画からくみ取り、今後の「人生の道しるべ」にして欲しいと思います。
    また、能勢中学校が実施されていた「人権・文化発表会」も見学にいってきました。様々な取り組みの展示物と共に、3年生の発表『バベルの塔~理屈ではない魔法~』を観ました。「繋げろ われらの気持ち」というテーマが素直に伝わってくる、そんな発表だったと思います。この発表での人権への思いが、そのまま洗練と伝播できるように、協働していきたいと思いました。

1 2 3 4 5 6 41