豊中高校能勢分校

GS(グローバルスタディ)トピックス(SGH後継事業)

校外活動《鳥取環境大学 英語村研修》

7月24日(火)、SGH受講生2年生12名とGS受講生1年生13名が公立鳥取環境大学を訪問しました。午前中は大学キャンパス内の英語村に入村し、様々な国籍の講師たちと英語を使ってコミュニュケーションを取りました。今回の講師は、エチオピアからのスィサイさん、スーダンからのナスリンさん、バングラデシュからポールさん、フィリピンからのアオリヤさんの4人でした。2年生が能勢について英語でプレゼンテーションを行い、その後、ビンゴゲームやワークショップなど、オールイングリッシュで交流を楽しみました。

昼食は、大学の学食です。ここの学食は、鳥取県知事の名言でおなじみの、「すなば珈琲」の運営でした。安くて美味しくて、ボリューム満点の昼食を食べました。午後は、中橋文夫教授のゼミに参加しました。8月に行うSGHモンゴル実態調査で現地で発表する「モンゴル 貧困とストリートチルドレン」と、鳥取実態調査で現地訪問機関で発表する「能勢と鳥取の地方創生」のプレゼンテーションを行い、中橋教授とゼミの大学生からたくさんアドバイスを頂きました。ゼミ生から「私のふるさとは宮崎県の野性の馬で有名な場所ですが、その馬で人は呼べませんでした。自然を前面に出しての人集めは甘いと思います」と、身をもって体験している厳しい意見もありました。その後、5人のゼミ生からのプレゼンテーションがあり、中橋教授からこれからの地方の在り方についてミニ講義がありました。最後は、ゼミ生との質疑応答で幕を閉じました。

世界中から集まっていた英語村の先生から学び、午後は、グローバルに、環境、地域起こし、貧困問題、これからの日本のあり方までさまざま学び、まさしくスーパーグローバルな活動を実践できた一日でした。

1年GS課題探究基礎講座・校外研修《ピースマーケット能勢2018》

5月20日(日)、淨るりシアターで開催された「ピースマーケット能勢2018」にGS課題探究重点講座を受講希望の1年生11名が参加しました。午前8時30分から、能勢高校自作のゲルの組立をし、その後、能勢高校のSGH活動やこれまでの国際交流の歴史を示すパネルの展示準備を行いました。

10時にピースマーケットが開会されると、大ホールで行われた映画会の受付係を担当したり、場内の案内などのお手伝いしました。また、出店団体や、催し物に参加している団体の代表に、アンケートとインタビューを実施しました。インタビューでは、能勢の印象、ピースマーケットへの参加の動機、能勢の高校生に伝えたいこと、などを聞きました。各団体の活動で忙しい中でも時間を割いていただき、皆さんていねいにインタビューに答えていただきました。パネル展示では、これまで能勢高校が行ってきたSGHの内容、海外実態調査での活動の様子、課題研究の目的や成果などが展示され、立ち止まって質問をされる方もいて、能勢の高校のこれまでの活動を理解していただく良い機会となりました。

1年GS課題探究基礎講座3・川又孝太郎氏講演会

5月17日(木)5・6限、1年GS課題探究基礎講座第3回を行いました。講師に、在ドイツ日本国大使館参事官である川又孝太郎さんをお迎えし、「地域エネルギー会社による“地域活性化”と“エネルギー転換”」と題して、講演とグループ討論を行いました。パリ協定の話から、風力発電、太陽光発電など、再生可能エネルギーとそれを取り巻く環境、諸条件など、ドイツのエネルギー転換と日本を比較しながら、話を展開しました。また、ドイツで展開されている自治体出資の地域エネルギー公社「シュタットベルケ」の紹介がありました。「シュタットベルケ」は、太陽光や風力を使い地元の企業や個人が作った電気を買い取り地域に再供給し、それと伴い、電気やガス、上下水道、公共交通など公的サービスを提供、地元の雇用が増加するなど地域活性化に大きく貢献しています。現在ドイツでは33%を再生可能エネルギーでまかなっており、2022年には全ての原発の停止を発表しています。日本での再生可能エネルギーの利用は、14.8%とまだまだ低い状態です。

後半では、前半の講義を受けて、6つのグループに分かれグループ討論を行いました。能勢町で再生可能エネルギーを増やすべきかについて議論をし、最後に各グループでまとめの発表を行いました。「温泉を利用できないか」、「住民に再生可能エネルギーについての知識を広めることが重要」、「森林を使ってバイオマス発電は」など、多くの意見が出ました。人口減少の問題を抱える地元能勢町で、再生可能エネルギーの活用を考える有意義な講演となりました。

なお、この講演には能勢町とその他地域から大勢の方が、見学に来られました。また、関西テレビの取材もあり、会場は大いに盛り上がりました。この様子は、関西テレビの夕方の番組「報道ランナー」で放映される予定です。

今後も再生可能エネルギーについての研究を進め、来年には能勢町の職員の方々と一緒に、ドイツを訪問する予定です。

1年GS課題探究講座 第1,2回

4月16日(月)、5月14日(月)、第1,2回1年GS課題探究基礎講座を行いました。5月17日のGS課題探究基礎講座にて、在ドイツ日本国大使館参事官である川又孝太郎さんが、「地域エネルギー会社による“地域活性化”と“エネルギー転換”」について講演を行います。

今回は「国語総合」と「現代社会」の授業として、この講演会の事前学習を行いました。1年生にとっては、この講演会が初めての外部講師による講演とワークショップになるため、「国語総合」にて、講演でのメモの取り方や感想文の書き方を学びました。また、「現代社会」にて、教科書等を活用しながら、1回目はドイツについての基礎知識を、2回目は地球環境やエネルギー問題について学びました。講演会に先立ち、有意義な事前学習となりました。

生徒心得

能勢分校では、すべての生徒が、将来の夢や希望に向かって充実した楽しい高校生活を送れるように、環境を整えることを重視しています。また、「時間を守る」「挨拶をする」「服装を正す」「丁寧な言葉遣い」など、社会に出てからも対応できるような指導を心がけ、「基本的な生活習慣の確立」「規範意識」「社会のモラル」などとあわせて、学校と家庭が協力して生徒をサポートしていきたいと考えています。
能勢分校生徒心得

平成30年度学校経営計画

めざす学校像
総合学科教育を基盤に、連携型中高一貫教育や豊中本校との連携を充実させると共に、地域の教育資源や小規模校のメリットを最大限に活かし、個人として自律して理想にチャレンジする人材、自他ともに尊重し協働活動ができる人材、地域や社会の魅力化・活性化を担うことのできるグローカル人材の育成をめざします。
(1)「確かな学力の育成」
未来を担う人材として求められる知識・技能の定着を図るとともに、課題を把握するための思考力・判断力・表現力などを身に付け、主体的に学習に取組む態度を育む。
(2)「多様性と人間関係力の向上」
確かな規律・規範意識のもと、社会を構成する多様なあり方を確認すると共に、お互いの違いを認め相互に協働して活動を継続する力、課題解決に向けた実践力を育む。
(3)「確かなキャリアの形成」
豊かな勤労観や職業観を身に付け、将来の夢や目標、自らの理想を明確にし、必要とされる情報や基盤を整備し、責任も持って選択・決定する力やチャレンジ精神を育む。
(4)「教育コミュニティの構築」
保護者や地域社会の期待や要望をふまえ、その達成に向けて学校・家庭・行政・地域が一体となって教育活動を推進するため、有機的な教育コミュニティを構築する。

平成30年度 学校経営計画及び学校評価

開校式・入学式

4月6日(金)に開校式とだい1期生の入学式を行いました。
開校式では、橋本光能教育監の開校宣言に続いて、分校旗が平野裕一豊中高校校長に手渡されました。

入学式では、33名の新入生に入学許可が宣言され、いよいよ能勢分校がスタートしました。

二次募集の案内

能勢分校では3月22日(木)に、二次選抜を実施します。
第3回学校説明会を、3月17日(土)に行います。
 →3月21日(水)の同時刻にも開催します。申し訳ありませんが、事前にご連絡をお願いします。
  連絡先:072-737-0666 能勢高校まで
1413_能勢分校(二次広報案2ー

学校案内(平成29年11月作成 最新版)

A4版で4ページとなります。

表面のPDF版はこちらです。
裏面のPDF版はこちらです。

能勢分校の学びの特長

豊中高校能勢分校は、総合学科の高校です。
2学期制を採用し、1年次の後期から、学ぶ科目を選択します。

1年次には、
①国語・数学・英語の3教科で、
②大学進学を意識した選択科目を、
③7時間目に授業するコースを選べます。
2・3年次には、
①演習科目等を多く選択し、大学進学をめざす「探究」系列と
②体験的な学びを通して、知識の活用をめざす「地域産業」系列の
③2つの系列から、時間割の半分以上の時間帯で、自分が学ぶ科目を選択します。
選択にあたっては、
①個別の指導を充実し、
②個々のニーズに応じて、
③人生のキャリアを育成します。

少人数で徹底指導
・少人数の習熟度に応じた講座
・疑問をその場で質問し解消できます
・個別の指導も充実し、満足度アップ
英語によるコミュニケーション力の向上
・留学生との交流等でツールとしての英語を活用
・オールイングリッシュによる授業
・4技能の活用力を伸ばして資格も取得
体験に基づく課題探究活動
・体験的な学びに基づいて社会の課題を把握
・資料やデータを加えて、課題の本質を確認
・課題解決の提案や試行をめざす探究活動で自信をつける
全員が「課外探究GS」に取組む
・能勢高校SGHでのノウハウを活かして探究活動を継続
・選択科目に「プレ課題探究GS」を設け、ステップアップを図る
系列の学び
探究系列では、2年次の後期から、大学進学に向けた選択科目を集中して学びます。
・1年半をかけて、多くの演習科目などで、大学進学の準備をします。
食農流通では、農作物の生産から加工、販売までの一連の流れを実践します。
・農業の六次産業化の実践を通して、他の産業でも経済的に自立できる力をつけます。
対人支援では、保育所や幼稚園、福祉施設等で、継続的に体験実習を行います。
・多様な人との関わり合いを通して、目標を自覚して協働できる力をつけます。
地域活性では、能勢の自然や文化の特徴をPRする企画を検討・実践します。
他者に伝える為の工夫等を通して、コミュニティに関与する意欲をつけます。

能勢分校の取り組みの特長

姉妹校アスンタ高校との交流
・修学旅行では、姉妹校を訪問し、一日じっくり交流します
・旅行の1年前から、バディとe-メールを活用して交流します
・2年に一度は、姉妹校が能勢を訪問して交流します
ユネスコスクールとしての活動
・ユネスコのネットワークで世界と繋がる
・国際連合だからこそできる交流と貢献
・SGHの取り組みの継続し、グローバルな視点での国際交流
留学生との交流
・1年を通して、留学生が本校や町内で生活・交流
・短期の留学生も、校内や町内で生活・交流
・一緒に授業を受け、相互に刺激しあえる時間
豊中本校との連携
①授業での連携
・本校と連携し分校の選択科目の充実
・大学進学では本校の進路指導のノウハウを活かす
・学校間の交流を密にし授業スキル等の向上
②SGH等での連携
・発表会等では、ポスターセッションや相互の意見交換などで交流
・農場等での専門的な課題探究を、本校と連携
③生徒会やクラブ活動での連携
・本校の生徒会と交流し、行事等を盛り上げる
・種目によっては本校等とも合同で練習し技量を高める
④ネット教室
・本校との間に、IT技術を活用したネット教室を設置
豊中高校のホームページはこちら
http://www.toyonaka-shs.ed.jp/

能勢分校の学校生活

制服
・豊中高校と同一の制服

・ベスト、セーター、カーディガンには、分校オリジナルのマーク入り

修学旅行
・マレーシアへの研修旅行
・姉妹校との交流や大学交流で英語コミュニケーション力の向上
クラブ活動
・約20のクラブが、分校として独自で活動
・必要に応じて、本校やその他の高校と合同チームを結成
・地元小中学校や地域との関係を大切にした活動運営
学校行事
・地元との関係を重視して、分校独自に、文化祭・体育祭を開催
・豊中本校の生徒会との交流